青春だった!あなたの恋愛レコーダー!本当に恋していた話!

Just another WordPress site

介護職の女性とお付き合いをするようになった理由とは?

私は介護施設に勤めている38歳の男。岐阜県に住んでおり、県内でも緑の多い地方に住んでいます。

介護施設はどこも女性職員の割合が多く、私の勤めている施設も例外ではありません。ただ年齢層は幅広く、下は32歳、上は55歳の女性まで多く在籍しています。その中でも一番若い32歳の女性、葉山美子という女性とひょんな事から距離が縮まりました。

きっかけはプライベートに関わる相談を受けたからです。彼女の抱える悩みは結婚している旦那との仲。話を聞くと結婚して6年になるとの事でしたが、どうも元々、女癖の悪い男性だったらしく結婚中に何回も浮気するような旦那だったみたいです。

今までにも離婚の話は出ていたようですが、浮気をするような旦那でも見捨てられずにやり直してきたとの事。
ただ、今回だけはどうしても受け入れられないとの事で私に「同じ男としてどう思う?」と相談を持ち掛けてきました。

話を聞くと今回で浮気はなんと4回目、しかもその相手というのが美子の友人というとんでもない話でした。「どう思う?」と言われてもそもそも何回も浮気をしている時点で結婚生活の継続は無理だろうと思い、正直にその旨を伝えました。

私の意見を聞いて、「だよね…」と一言。美子の中でももう結論が出ていたようで、結局、旦那とはその3か月後に離婚しました。
その後、お互いに話す機会は増え、元々私は彼女の直属の上司だった事もあって以前から仕事上での話はよくしていたのですが、この一件があってからが仕事以外の話もよくするようになりました。話す内容は様々です。昨日見たテレビの話、漫画の話などなど。

そして一緒に夜勤に入ったとある日に、「明日の明けの帰りにカフェに行こ」と彼女から誘われました。返事はもちろんOK。
翌日、勤務終了後に二人でカフェに行きました。お互いに30を超えたいい大人でしたが、会話は20代の子達のように好きな映画の話だとか、趣味の話をしました。前の彼女と別れてから5年以上経つし、久し振りの仕事抜きでの女性との2人きりの会話はとても新鮮で楽しかった記憶が今でも残っています。

その後も何回も食事に行ったりカフェに行ったりしました。この時点ですでに私の中ではかなり大きな好意がありました。美子自身、外見は良いしスタイルもいいです。正直な話、このまま放置しているとよからぬ男に取られてしまう恐れがあります。

私はそれを防ぐためにも一大決心をし、いつものようにディナーを食べた後、別れ際に「付き合おう!」と思いっ切り告白しました。今までの感触からたぶん美子も少なからず好意を持ってくれているとは思っていましたが、美子は断る事もなく笑顔で了承してくれました。まさに飛び上がる程に嬉しかったです。

前の彼女は20代でしたので30代女性と付き合うのは初めてで、最初のうちはどのようなデートをするか悩んだ事もありました。
「30代の大人のデート」というのはどんなものなのかいくつかのデートプランを考えましたが、結局、お互いに相手の事が好きならばどんなデートでも楽しむ事ができます。

ドライブ、映画館、ショッピングなどのデートを行いましたが、一番楽しいのはドライブデートです。美子は音楽が好きでロックからバラードまで幅広いジャンルの曲をよく聴きます。なので私は彼女が気に入るような曲を流し、県内、たまには県外までドライブをしました。

今はコロナの事もあって以前のような遠出はなかなかできないですが、市内を回るだけでもじゅうぶん満足できます。
よく人気のないところに車を停め、夜景を見ながら手を握って車の中でイチャイチャするのは最高に幸せな瞬間です。若い子達から見ればいい歳したおじさんおばさんが何をやってるんだと思うのかもしれませんが、人間、いくつになってもやっぱり恋はしたいです。好きな人と過ごすのは本当に幸せな事です。
私達の場合は出会いは職場です。よく職場の人との恋愛はうまくいかないとか、別れた時に気まずいとか聞きますが、私にとっては職場での恋愛は職場外での恋愛よりもお勧めです。仕事をしていると辛い事が沢山ありますが、職場で恋人を見ると心が癒されます。

それに美子はとても料理上手で、彼女が作ってくれる料理はとても美味しいです。こんないい女性を蔑ろにした前の旦那は信じられません。
今までにもお互いの家に遊びに行ったり泊まったりしましたが、今は結婚も視野に入れて同棲の計画を立てています。休みの日には新居をさがして不動産屋を回っています。このままでいくと今年中には結婚できますが、色々とプランは考えています。

まず、お互いに介護業界での仕事経験が長いので、いずれは2人で介護施設を経営したいと考えています。夫婦での介護施設経営はとてもいい夢だと思っています。
子供の事とか色々と考える事はたくさんありますが、それも楽しみのひとつです。彼女を大切にし、彼女と幸せな家庭を築いていきたいと強く思っています。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 青春だった!あなたの恋愛レコーダー!本当に恋していた話!

テーマの著者 Anders Norén